孤独のペンギン

はじめましてヾ( ´ー`)孤独のペンギンと申します、ここは孤独のペンギンが書くブログです、気軽に見ていってくださいね(^_-)☆
僕は現在、精神疾患である統合失調症を患っております、また、甲状腺の疾患であるバセドウ病も患っております、心臓も不整脈の気があり、3つの疾患ともに現在投薬による治療中でありますφ(.. ) 、
3つの疾患ともに現在、長期間の投薬により症状は治まっており、現在は自宅にて療養しながら静かな生活を送っております。こんな僕ですがよろしくお願いいたします。m(_ _ )m

記事一覧(83)

キチガイ創価ヤマト運輸またやらかすwww 1人10万円水増し、幹部了承 引っ越し過大請求

宅配最大手ヤマトホールディングス(HD)子会社のヤマトホームコンビニエンス(YHC)による法人向け引っ越し代金過大請求問題で、同社の執行役員に当たる四国ブロックの統括支店長が今年4月の会議で、約150人分計1500万円の水増し請求を了承したと、元従業員が毎日新聞の取材に証言した。 元従業員によると、YHCは九州、四国、中国など全国11ブロックに執行役員級の統括支店長がおり、毎月、ブロック内の支店長や営業マネジャーら幹部を集め「業務改善委員会」と呼ばれる会議を開いている。 4月の四国ブロックの委員会では、5月に行われる半導体大手ルネサスエレクトロニクス子会社の引っ越しについて、幹部社員が水増し額を1人当たり10万円にすると報告。統括支店長は「1人10万円ということは1500万円とれるということだな」と念押しの発言があったという。 高知県の工場閉鎖に伴い、ルネサスは子会社社員の引っ越しをYHCと契約。YHCは、荷物の少ない単身者の場合、実際には1万7000円なのに17万円請求したり、一般世帯で4万~5万円の料金なのに16万円請求したりして、実際に1人当たり10万円以上の水増しが行われた。1トンの荷物なのに15トン分請求したり、使わないトラック運賃を請求したりしていた。 YHCはライバルとの競争で劣勢だった四国ブロックが売り上げを増やすため、2010年ごろから法人向けの水増しを組織的に始めた。ブロックトップの統括支店長が黙認することで社員の罪の意識は薄れ、不正は全国の支店に広がっていったという。【川口雅浩】